未経験でも女性の転職が可能な広報の世界

  ブランドや企業のイメージを左右する広報の仕事

最近、テレビや雑誌などに、さまざまな企業やブランドの広報担当者の女性が取り上げられたる機会が多くなってきました。

本来広報の仕事はあまり表舞台に立つことはないのですが、とても美しく可愛らしい女性が担当することもあり、女性転職先としても注目を集めてきています。

広報の仕事内容は、一言で言えば、所属している企業やブランドのイメージを発信し、消費者などに好印象を与えること。
そのために、広告や宣伝に関する企画や戦略を考え、それを各関係者と調整を行いながら予算等を決定し、事業を遂行するために物事を前へと進めていきます。

世の中や社会といった一般的な流行やムード、消費者のニーズ、ターゲットとしている層の需要、競合他社の戦略や広告展開、こうしたことの情報を集めることから始まり、それを元に資料を作成したり、あらゆる人や機関、企業等とコンタクトを取るなどの仕事もこなさなければなりません。

こうして作り上げた広告やイメージをメディアやマスコミに取り上げてもらうよう働きかけるのも広報に任される仕事の一つ。

最近では、上でも取り上げたように、広報担当者が自らメディアに登場しブランドイメージをアップさせる業務を行う例も増えてきています。
また、SNSなどを駆使し情報を発信し続けるための工夫や作業も行わなければいけません。

  広報に求められるスキルと得られる収入

広報は特別な資格がなくても就くことができるお仕事です。
女性転職で人気の職種となっている理由はここにもありそうですが、しかし、活躍するためにはある程度のスキルや能力も求められることになるでしょう。
資格がなくてもできるオフィスワーク

上で紹介したような広報の仕事内容をこなすには、高いコミュニケーション能力と創造力、発信力が求められます。
ブランドや商品、企業といったものの内容やコンセプトなどを知り尽くしていなければならないため、高い理解力も必要になるでしょう。

理解したことや頭の中にあることを言葉や形にする表現力も必要となりますし、積極性や行動力も、広報担当者が備えておくべきスキルとなります。

転職直後に受け取ることができるお給料は、おそらく月に20万円から25万円ほどとなるはず。
スキルを伸ばし、企業やブランドのイメージ向上への貢献が認められれば、30万円や40万円といった月収の獲得も夢ではありません。

能力によって得られるお給料が変わってくる職種でもありますから、大きなやりがいを感じることができるでしょう。
転職するなら早めに決断すべき職業と言えそうです。