医師と患者とその家族を支える看護士のお仕事

  主な仕事は病院やクリニックなどでの医師の手助け

看護士の仕事内容は、医師の診療の補助を行うことです。
患者さんの体温や血圧を測ったり、医師の指示があれば、注射や点滴なども行います。
入院している患者さんに対しては食事や入浴の補助、その他簡単な身の回りのお世話などもすることになるでしょう。

患者さんには、多くの場合家族がいます。
患者さんも含め、その家族に対しての、特にメンタルのケアなども大切な看護士の仕事の一部。
医師に対しては不安感を持つ患者さんでも、看護士に対しては心を開いてくれることも珍しくはありません。

手術を行う場合には、その補助やサポートに回ることもあります。
直接的な医療行為を施すことはできませんが、許される範囲で治療に携わり、心身ともにケアをしていくことになるでしょう。

その他、患者さんに関する記録をつけたり巡回をして様子を見て回ったり、何か変わったことやトラブルなどがあれば、それを医師に伝える役割も担うことになります。

看護士は、医師と患者とその家族に挟まれ、なかなか立場的には苦しい面もありますが、看護士だからこそ提供できる安心感や、看護士だからこそ得られるやりがいというものも必ず見つけられるはず。

まだまだ女性の割合が多い職種ですから、女性転職の中でも一定の人気を誇っているものの、入院施設のある病院などでは夜勤もあるため、体力的・精神的な面も考慮して転職活動を行うことをおすすめします。

女性の転職で1番人気!夜勤が少なく安定して働ける事務職

  看護士の資格と転職と給料について

女性転職で人気といっても、なりたくてすぐになれるわけではないのが看護士という仕事です。
任される仕事内容には医療行為も含まれており、一部は医師の指示がなくても施すことが可能ですが、看護士の資格を持っていない人は、これすらも行うことができません。

看護士は、看護学校などに通い専門教育を受けたのち、看護士の国家試験を受け合格することで、その資格を得ることができます。
すでにこの資格を持っていれば転職によって病院やクリニックなどで働くことができるでしょう。

看護士の需要は非常に高く、求人が尽きることはありません。
給与額も女性が選択する一般的な職種と比べるとやや高め。
月に30万円前後のお給料を受けるとことができ、勤める病院やクリニックによってはさらに高い収入を得ることも可能です。

看護士は人の健康と、時に命を預かる仕事のため、ブランクがあるとそれを埋めるのに苦労するかもしれません。
しかし、需要の多さと社会的な貢献度の高さを考えると、もし資格を持っているのであれば、大いに転職する価値のある職種の一つとなるはずです。

資格なしで未経験でも挑戦できるアパレルの仕事