理想や希望を形にするインテリアコーディネーターを紹介

  住宅や施設などのインテリアを提案・発注

インテリアは、その部屋や施設の空間のイメージや居心地を大きく左右します。
それ一つで生活そのものや仕事の効率すらも変わるのですが、インテリアコーディネーターの仕事は、まさにそのインテリアを提案する役割を担っています。

依頼主は個人であることもありますし、企業や公共機関であることもあるでしょう。
勤める企業などによっても変わってきますが、依頼主のイメージや理想をしっかりと汲み取り、それを形として表現するという仕事内容には変わりません。

自らの好みやこだわりを主張するのとは違い、インテリアコーディネーターの仕事は、あくまでも依頼主の要望を叶えることに重点が置かれます。

時には新しい賃貸物件のインテリアのコーディネートを依頼されることもあり、そこに自らのセンスを投影させることもあるかもしれませんが、それでも基本は管理者などの依頼主側の希望に沿った提案を行うことになるでしょう。

また、提案とともにプレゼンテーションを行ったり、依頼主がそれで納得すれば、必要な照明や家具、壁紙などの発注も行います。
提案後に工事などを伴う場合には、建築士や工務店などとも連携を取らなければなりません。

  女性に人気の理由と給料事情を探ります

インテリアコーディネーターの仕事が女性の転職先として人気になってきているのは、非常にセンスの輝く仕事であり、おしゃれな内装を考えることなどに喜びや楽しみを感じる女性が多いからでしょう。

自分のセンスが認められた時の快感は、他の仕事ではなかなか味わうことができないかもしれません。

仕事内容は比較的地味であり、説明したようにあくまでも依頼主の要望に沿うことが絶対条件ではあるものの、そこに独自のセンスを加えることで他のインテリアコーディネーターとの差別化を図ることも可能です。

こうした、ファッションをコーディネートするのと似たような性質を持っているために、女性転職市場で人気が上がってきているのでしょう。
ファッションの仕事がしたい

勤める企業にもよりますが、最初は月収20万円ほどのお給料からのスタートとなりそうです。
いくらセンスがあっても、転職直後は勉強やサポートから始めることになります。

徐々に大きな仕事を任されるようになり、それにつれてお給料もアップしていくことになるでしょう。

インテリアコーディネーターの魅力の一つは、独立が可能であること。
独立し成功すれば、お給料の額が倍増することも。

努力とセンスがあれば数年後の独立も目指せるため、転職先として選ぶ職種としては、他の職種と比べても大きな夢があるのかもしれません。