結婚式を成功に導くブライダルコーディネーターとは

  結婚式の形を作り上げていくお仕事です

結婚式や披露宴というのは、新郎新婦にとって一生の思い出となるとても重要な一大イベント。
それが成功するかどうかは、ブライダルコーディネーターにかかっていると言っても過言ではありません。

新郎新婦との打ち合わせを重ね、そこで二人の理想の結婚式や披露宴を探り、それに合わせてプランや演出を考えていく、それがブライダルコーディネーターの仕事内容です。

もう少し細かいところを見ていくと、プランにマッチした会場作りを行い、ウエディングドレスを中心とした衣装の選択や決定、招待状の作成や手配などもブライダルコーディネーターが担ったり、新郎新婦にアドバイス等を送りながら進めていきます。
人にアドバイスをしながら一緒に作り上げていく仕事がしたい

最近の式や披露宴の演出は非常に凝っており、とても細かな部分までこだわるカップルが増えてきているため、その調整などもブライダルコーディネーターが指揮をとりながら行わなければいけません。

BGMの選択、記録映像や写真撮影の準備、照明の位置やタイミングの調整、ヘアメイクの提案や選択、進行や小道具、料理やケーキの手配など、細かな仕事内容を見ていくとキリがありませんが、こうした業務や作業の全てを任されるのがブライダルコーディネーターという仕事なのです。

  お給料以上のやりがいと達成感が魅力です

ブライダルコーディネーターの仕事が女性転職で人気となってきているのは、やはり大きなやりがいを感じることができるからでしょう。
これほど感謝される仕事もありません。
白衣の天使!人から感謝される仕事がしたい

成功した時にはお客さんとともに喜ぶことができ、ともに涙することもできます。
結婚式や披露宴というのは、新郎新婦の女性側の意見が大きく反映されることになるので、この点も、ブライダルコーディネーターが女性転職先として選ばれている理由なのでしょう。

お給料は、20万円弱が平均の額となっており、そこまで高いとは言えないかもしれません。
ただ、経験を積み、独自の式や披露宴をプロデュースできるようになれば、収入もそれにつられてアップしていくはず。
ブライダルコーディネーターは、キャリアアップも目指せる職種なのです。

何よりも、お給料の額以上に、大きなやりがいと達成感を感じることができるでしょう。
いい演出等ができれば、それが式場やホテルなどのアピールにもつながり、お客さんだけではなく勤め先からも重宝される存在となることもできます。

その分、もし式や披露宴がうまくいかなかった時には、その責任はブライダルコーディネーターが背負うことになるので、大きなプレッシャーから逃れることはできません。

だからこそやりがいと達成感が感じられるのですが、お給料の額よりも、誰かの幸せのために仕事をしたいと考えている女性は選択する価値のある職種となるでしょう。