アパレルやファッションのお仕事と給与事情

  多くの消費者の目に触れる職種を紹介

アパレルの仕事と聞いて、多くの人がまず頭に思い浮かべるのはきっとショップ店員ではないでしょうか。
販売の仕事は多くの女性の目に触れる仕事ですし、多くの女性の憧れでもあるはず。

このショップ店員のお仕事は、お店を訪れたお客さんに対応し、時にはアドバイスなどもしながら商品を販売するのが主な仕事内容となります。
レジを打ったり品出しなどもその一部となるでしょう。
ショップ店員のお給料は、平均で月に18万円から20万円ほどとなっています。

ショップの店長やマネジャーを任されることになると、従業員のシフト管理、育成や指導、商品の発注や在庫管理などの業務も加わり、また、責任感も重くなります。
ただ、お給料は普通のショップ店員と比べるとアップし、月に25万円前後は受け取ることができるようになるでしょう。

ショップ店員も店長やマネジャーも、高級ブランドのアパレルショップになると、さらにお給料はアップ。
仕事内容はさほど変わりませんが、しかし、より高いレベルの接客スキルが求められるはずです。

女性転職で不動の人気を誇るアパレルの仕事ですが、好きなブランドで選ぶのか、それとも収入やキャリアアップ面を考慮して選択するのか、ここを慎重に考える必要が出てきそうです。

  裏でブランドを支える職種もあります

アパレル業界には、消費者の目にはあまり触れない職種もいくつか存在しています。

例えば、デザイナー。
在籍するブランドの新商品をデザインしたりプレゼンテーションすることが一番のお仕事となります。
ごく一般的なブランドやメーカーのデザイナーであれば、お給料は月に20万円を超えたあたりからのスタートとなるでしょう。

パタンナーという仕事は、デザイナーが生み出したデザインを実際に形に起こす仕事です。
デザイナーの意図を汲み取って、しかし消費者が満足するような立体的な形に起こさなければならず、なかなか難しい仕事ですが、大きなやりがいを感じられるはず。
こちらも、お給料は20万円を少し超える程度。
経験を積み技術が認められていけば、さらに収入を上げることが可能です。

セレクトショップでは、バイヤーが活躍します。
流行やニーズを敏感に感じ取り商品を仕入れるのがバイヤーの仕事。
センスと行動力、そしてコミュニケーション能力が求められる仕事ですが、それらが備わっていれば未経験者でも活躍できるでしょう。
こちらもやはり平均給与は月に20万円ほど。
他の人にはない先見の明を持っていれば、すぐに収入は倍増するはずです。

そして、アパレル商品を企画したり販売プランを考えるなど、商品が作られ、それが売られるまでの一連の業務を管理するのがマーチャンダイザー。
女性転職先で人気が徐々に上がってきている職種の一つです。

給与額は比較的高く、25万円前後は期待できます
その分、仕事内容はとても多いですが、一生の仕事とすることができるでしょう。

アパレルの仕事は裏方の職種も女性転職の中で注目を集めてきていますから、自分に合っていると思えば、積極的にチャレンジしてもらいたいものです。

ファッション以外でセンスを活かした職業につきたい